カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

2017-05-05から1日間の記事一覧

二十四節気 立夏

2017年の立夏(りっか)は5月5日。 立夏は二十四節気の7番目。 こよみ便覧(べんらん)では、「夏の立つがゆへ也」と説明されている。 引用元:国立国会図書館 その他関連する記念日など こよみ便覧 こよみ便覧(版心書名は「暦便覧」)とは、天明7年(1787年)に…

5月5日 未来の日

5月5日は「未来の日」。こどもを未来の象徴として捉え、未来を生き、主役となるこどもたちとともに未来を創る日とするために、新潟県新潟市でイベントの企画運営などを手がける株式会社アール・イーが制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、「こどもの…

立夏 熱中症対策の日

立夏は「熱中症対策の日」。熱中症を防ぐには細めな水分補給が大切であることを多くの人に知らせることを目的に、一般財団法人日本気象協会が手がける「熱中症ゼロへ」プロジェクトと、プロジェクトの公式飲料「アクエリアス」の日本コカ・コーラ株式会社が制…

5月5日 こどもの日

5月5日は「こどもの日」。「国民の祝日に関する法律」では、「 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と定められた祝日。 その他関連する記念日など // //

5月5日 端午の節句

5月5日は「端午の節句」。五節句の1つで、「菖蒲の節句(しょうぶのせっく)」とも呼ばれる。 元々は軒下に菖蒲やヨモギを吊るして邪気を払い無病息災を願っていたが、鎌倉時代辺りから「菖蒲」と「尚武」が同じ読み方である事や、菖蒲の葉の形が剣を連想させる…

5月5日 フットサルの日

5月5日は「フットサルの日」。フットサルの普及を目的に、フットサル大会の主催・企画・運営などを手がける株式会社エフネットスポーツが制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、フットサルが5人対5人で行うスポーツであることから、5月5日とした。 フッ…

5月5日 レゴの日

5月5日は「レゴの日」。2002年にデンマークでレゴ社が設立されてから70周年、日本で販売されてから40周年になる事を記念して、より多くの人にレゴブロックをアピールするためにレゴジャパン株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、「レ(0)ゴ(5…

5月5日 ジャグラーの日

5月5日は「ジャグラーの日」。パチスロ「ジャグラー・シリーズ」を製造販売する株式会社北電子が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、リール窓の左下にある「GOGO!ランプ」が点灯すれば当たりというジャグラーのゲーム性を元に、「GO(5)GO(5)」の語…

5月5日 午後の紅茶の日

5月5日は「午後の紅茶の日」。より多くの人に「午後の紅茶」に接してもらい、5月の行楽シーズンを「午後の紅茶」と共に過ごして欲しいとの願いから、キリンビバレッジ株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、「午(5)後(5)」の語呂合わせから、…

5月5日 かみ合わせの日

5月5日は「かみ合わせの日」。かみ合わせや咀嚼の大切さをPRすることにより、国民の健康の向上と健康長寿に寄与することを目的に、2015年に創立20周年を迎えることを記念して特定非営利活動法人日本咬合(こうごう)学会が制定し、日本記念日協会が認定した。 …

5月5日 コミュニティファーマシーの日

5月5日は「コミュニティファーマシーの日」。地域の人々に薬のこと、病気の予防、健康情報などを伝えることを目的に、薬剤師と薬局に与えられた社会的役割と責任を果たすために、人々の生活圏を舞台とした健全な地域社会づくりに貢献する一般社団法人日本コミ…

5月5日 かずの子の日

5月5日は「かずの子の日」。こどもたちの健やかな成長を願う「こどもの日」に、子孫繁栄の縁起物でもある「かずの子」を食べて、あらためて両親に感謝するという日本の食文化を広めるために、北海道水産物加工協同組合連合会が制定し、日本記念日協会が認定し…

5月5日 ゴーフルデー

5月5日は「ゴーフルデー」。ゴーフルの魅力を多くの人に知ってもらうために、株式会社神戸凮月堂が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、ゴーフルデーを始めた日が「5」がフルに揃った昭和55年5月5日だったことから、5月5日とした。 神戸風月堂プティ…

立夏 こだますいかの日

立夏は「こだますいかの日」。こだますいかの魅力を多くの人に知ってもらい、美味しく味わってもらうために、茨城県筑西市と茨城県桜川市と北つくば農協地域農業振興協議会が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、こだますいかが夏を先取りする初夏の…

5月5日 うずらの日

5月5日は「うずらの日」。うずら業界の振興とうずらの卵の美味しさを多くに人に知ってもらうことを目的に、日本養鶉(ようじゅん)協会が制定し、日本記念日協会が認定した。 日付は、5月が陰暦で「鶉月(うずらづき)」と呼ばれていることと、5日の方は「たまご(…