カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

1月1日 元日

 1月1日は言わずと知れた「元日」で、1948年(昭和23年)7月20日に公布・即日施行された「国民の祝日に関する法律」によって年のはじめを祝う日として定められた祝日。

 元旦には、門松で年神様を迎え、井戸から若水を汲んで供え、雑煮やおせち料理を食べて祝う。

 ちなみに「元日」と「元旦」の違いは、元日は1月1日のことで、元旦は1月1日の朝のこと。また、1月1日か3日までを「三が日」、7日(地域によっては15日)までを「松の内」と呼んでいる。そして「正月」は元々旧暦の1月を指す言葉だったが、現在は三が日または松の内を指す言葉に意味が変わっている。

元日

一言

 一日の計は元旦にあり、ということで、私の今年の目標はこのブログを1年間続けること。できるかな?できるといいな

その他関連する記念日など

1月1日の記念日

国民の祝日

年神

 読み方は「としがみ」。「歳神」とも書く。元旦に降りてきてその年の五穀豊穣と家内安全、一年分の新しい魂を与えてくれるとされている。正月に飾る「門松」は年神を家に迎えるための目印で、「鏡餅」は年神の御神体として捧げられる。ちなみに、年神を迎えることができておめでたいから正月には「おめでとう」と挨拶するようになった。

若水

 読み方は「若水」。元日の朝に初めて汲む水のこと。