カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

1月11日 鏡開き

 1月11日は「鏡開き」正月の間お供えしていた鏡餅を食べる行事のこと。「松の内」が1月7日までの地域では1月11日、「松の内」が1月15日までの地域では1月15日または1月20日に鏡開きを行う。大事なのは、鏡開きは松の内の後に行うということ。

 お供えして年神の霊力が宿っているとされる鏡餅を食べることで新しい命を頂くという意味がある。刃物は使わず、木槌などで叩いて開いて食べるのが正しい作法。お汁粉や雑煮がお勧め。*「開く」は「割る」という意味。

成人の日

その他関連する記念日など

1月11日の記念日

年神

 読み方は「としがみ」。「歳神」とも書く。元旦に降りてきてその年の五穀豊穣と家内安全、一年分の新しい魂を与えてくれるとされている。正月に飾る「門松」は年神を家に迎えるための目印で、「鏡餅」は年神の御神体として捧げられる。ちなみに、年神を迎えることができておめでたいから正月には「おめでとう」と挨拶するようになった。

若水

 読み方は「若水」。元日の朝に初めて汲む水のこと。