カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

2月22日 おでんの日

 2月22日は「おでんの日」新潟のおでんをPRするために、越乃おでん会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、熱々のおでんをフー(2)フー(2)フー(2)」と息を吹きかけて食べることから、2月22日とした。

 「おでん」は元々、田楽(でんらく)を意味する女房言葉だった。田楽とは室町時代に出現した料理で、豆腐やコンニャクを串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、茹でて作られる「煮込み田楽」があった。江戸時代になって「おでん」は「煮込み田楽」を指すようになり、「田楽」は「焼き田楽」を指すようになった。

 おでんは地域によってダシや具材に様々な違いがあり、東日本では濃口しょうゆ、西日本では薄口しょうゆを使用することが多い。また具材の違いとしては、東海地方の豚バラ、四国地方のじゃこ天、九州地方の一部で見られる馬すじなどがある。

 ちなみに漢字では「御田」と書く。

まとめ

  • 2月22日は「おでんの日」。
  • 越乃おでん会が制定した。
  • 「お」+「田楽」→「おでん」。

おでん

一言

 コンビニおでん美味しいです。でも鍋蓋が付いていないコンビニのおでんは買う気になれません…

女房言葉

 室町時代初期頃から朝廷や貴族の人達に仕えていた女性使用人が使い始めた言葉で、頭に「お」を付けたり、語尾に「もじ」を付けたりしていた。例えば、『「お」+「握り飯」→「おにぎり」』『「お」+「田楽」→「おでん」』『「杓子」+「もじ」→「しゃもじ」』など、現在でも使われている単語もいくつかある。