カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

2月28日 ビスケットの日

 2月28日は「ビスケットの日」安政2年(1855年)2月28日に水戸藩に送られた書簡にビスケットの製法が書かれていたことを記念して、全国ビスケット協会が制定した。

 この書簡は、江戸時代に長崎周辺で外国人向けに作られていたビスケットの保存性の高さに注目した水戸藩がその製法を調べていた時、オランダについて研究していた柴田方庵(しばた ほうあん)が長崎留学中にオランダ人から学んだビスケットの作り方を手紙にして送ったもの。

 フランス語で「2度焼いた」という意味の「biscuit(ビスキュイ)」が語源になったと言われている。

 ちなみに日本でビスケットの定義と言えば、『ビスケット類の表示に関する公正競争規約』で定められた『「ビスケット」とは、小麦粉、糖類、食用油脂及び食塩を原料とし、必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨脹剤、食品添加物等の原材料を配合し、又は添加したものを混合機、成型機及びビスケットオーブンを使用して製造した食品をいう。』という条文のことを指す。

一言

 ビスケットには紅茶ですよね。ダージリンでお願いします。

クッキー

まとめ

  • 2月28日は「ビスケットの日」。
  • 全国ビスケット協会が制定した。
  • 書簡を書いたのは水戸藩のオランダ学者・柴田方庵。

その他関連する記念日など

2月28日の記念日

ビスケット類の表示に関する公正競争規約

 1971年に日本ビスケット協会が施行した「ビスケット」「クラッカー」「カットパン」「パイ」について定めた規約。一協会が定めた自主規制であるため破っても罰せられることはない。

ビスケットとクッキーの違い

 「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」では、ビスケットのうち、『「手作り風の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもので、嗜好に応じ、卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜などにより製品の特徴づけをおこなって風味よく焼き上げたもの。』をクッキーと表示することができる、と書かれている。つまり、クッキーはビスケットの一種