カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

3月1日 再石灰化の日

 3月1日は「再石灰化の日」歯磨き粉「薬用 アパコートS. E.<ナノテクノロジー>」の活用を通して、歯の大切さや口の中の健康を訴える日とするために、株式会社ヤクルト本社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、(31)石灰化」の語呂合わせから、3月1日とした。

 通常口の中はアルカリ性に保たれているが、ご飯などを食べると口の中が酸性になり歯のエナメル質が溶け始める「脱灰(だっかい)」という現象が起きてしまう。そしてそれと同時に、唾液がエナメル質の結晶を新しく形成し修復するという「再石灰化」という現象も起きる。口の中ではこの脱灰と再石灰化のサイクルを繰り返しているのだが、そのバランスが崩れ脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまう。

一言

 昔一度だけ、虫歯のせいで眠れなくなるほどの激痛に見舞われたことがあります。それまでは「虫歯になってもそこまで痛くならないでしょ?」と舐めきっていましたが、神経までやられた虫歯は本当に痛いです。トラウマです。

まとめ

  • 3月1日は「再石灰化の日」。
  • ヤクルト本社が制定した。
  • 再石灰化は、歯を健康な状態に戻す現象。