カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

3月3日 春のちらし寿司の日

 3月3日は「春のちらし寿司の日」ひな祭りの定番メニューであるちらし寿司をさらに多くの人に食べてもらうために、株式会社あじかんが制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、ちらし寿司はひな祭りの食べ物として人気があることから、3月3日とした。

 「ちらし寿司」の誕生については諸説あるが、その中の一つに1654年に備前(現・岡山県)で出された「一汁一菜令」がキッカケとなったという説がある。この年、備前で大洪水が起きたため、当時の藩主・池田光政が倹約の為に汁物以外の副食を一品に制限する「一汁一菜令」を出した。しかし庶民からしてみれば災害復旧で疲れる中の食事制限などたまったものではなく、これに対抗するために、出来る限りたくさんの具材を混ぜ込んだ寿司を「一菜」として食べるようになったそうだ。

 ちなみに「ちらし寿司」の由来は、様々な具を「散らす」という意味から、ちらし寿司と呼ばれるようになった。地域によっては「五目ずし」や「ばら寿司」と呼ばれることもある。

ちらし寿司