カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

3月3日 桃の節句

 3月3日は「桃の節句」。五節句の1つで、「上巳の節句(じょうしのせっく)」あるいは「上巳」とも呼ばれる。旧暦の3月3日が桃の花が咲く季節であることから桃の節句と呼ばれるようになった。

 日本では平安時代以前より、貴族階級の子供達が天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除けを願う「上巳の節句」という風習が元々あった。ここに、上巳の日に川で身を清めた後、宴を催すという中国の風習が加わり、「流し(びな)」が生まれ、後にひな祭りに変化したという説もあるがハッキリしたことは分かっていない。行事として発展していったのは江戸時代になってからで、雛段の様な飾り付けもこの頃から始まったとされている。

ひな祭り

まとめ

  • 3月3日は「桃の節句」。
  • 「上巳の節句」+「中国の風習」=「流し雛」→「ひな祭り」?

流し雛

 3月3日のひな祭りの日の夕方に雛人形を川や海に流すという風習。人の形をした物に穢れを移して流すことで、身を清めることができると言われている。ひな祭りの元となったとも言われているが詳細は不明。源氏物語にも出てくるため、平安時代中期にはすでに生まれていたことが分かっている。