カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

3月16日 財務の日

 3月16日は「財務の日」中小企業がもっと財務に目を向け、財務をより良くして健全に発展、繁栄を続けて欲しいとの願いから、財務コンサルティングの専門会社である株式会社戦略財務が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、(3)(1)(6)」の語呂合わせ所得税確定申告の期限である3月15日の翌日に、企業が財務状態を把握して欲しいとの趣旨から、3月16日とした。

 「税理士」とは税理士法に基づいて税務に関する仕事を行う専門家で、所得税や法人税、相続税などの租税に関する業務を行っている。

 税理士のバッジは日輪の中に桜の模様が入っている。東京税理士会の50年史によると「会章の外側を縁どる円は、日本の『日』を示し、日を追って限りなく進行することを意味し、紋様の桜は日本の国花である桜をあしらっている」とのこと。

税理士バッジ

引用元:Wikipedia