カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

6月21日 AGEについて考える日

 6月21日は「AGEについて考える日」老化の進行の原因物質であり、さまざまな病気にも関連するAGEについて考え、AGE値を測定するのを広めることを目的に、医師やエイジングケアに関連する取り組みを展開している企業・団体などで構成するAGE測定推進協会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、一年で最も昼の時間が長い夏至の日に、若々しく、長く、健康に生きることをAGEを通じて考えてもらいたいという思いから、夏至になる事が多い6月21日とした。

アルグピリミジン

 

糖化とは

 体内の余分な糖とタンパク質が結びつき加熱されると「糖化」という反応が起こり、AGE(Advanced Glycation End Product・終末糖化産物)という物質が生まれる。このAGEが体内に貯まっていくことで老化や病気の原因になるとされている。AGEの摂取量を減らすには、食後に軽い運動をする、紫外線を浴びない、食事制限をする、などといった方法がある。