カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

4月9日 よいPマンの日

 4月9日は「よいPマンの日」ピーマンの出荷量が増える4月により多くの人においしいピーマンを食べてもらうという目的で、冬春期のピーマンの主産地である茨城県、高知県、鹿児島県、宮崎県の4県のJAグループ(JA全農いばらき、高知県園芸連、JA鹿児島県経済連、JA宮崎経済連)で組織する「がんばる国産ピーマン」プロジェクトが制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、Pと9の形が似ていることから「よい(4)P(9)マン」「4県のPマン(9)」という語呂合わせから、4月9日とした。

ピーマン

 

ピーマンのこと色々

 ピーマンはナス科の一年草で、原産地は中南米。未熟なピーマンが緑色で、成熟すると赤や黄色になる。唐辛子の一種。現在日本で食用として売られているものは明治初期にアメリカから入ってきたイスパニア種という品種を改良したもの。

ピーマン・パプリカ・トウガラシの違い

 ピーマンの生物分類は、「ナス目ナス科トウガラシ属トウガラシ種ピーマン」、パプリカの生物分類は「ナス目ナス科トウガラシ属トウガラシ種パプリカ」。つまりどちらもトウガラシの一種ということになる。違いを上げるとするなら、苦みや香りが強くなるように改良されたのがピーマン、甘みが強く肉厚になるように改良されたのがパプリカ。

 ちなみに一般的に唐辛子と言うと、七味などに入っているあの赤い奴を指すことが多いが、あれは鷹の爪というトウガラシ種の品種の1つである。