カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

4月20日 ジャムの日

 4月20日は「ジャムの日」ジャムの美味しさや魅力を多くの人に知ってもらい、ジャムの需要の喚起と消費の拡大を目的に、日本ジャム工業組合が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、1910年(明治43年)4月20日に長野県北佐久郡三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が「苺ジャム」を明治天皇に献上したとの記録があることから、4月20日とした。

ジャム

 

ジャムのこと

 ジャムの起源は1万~1万5千年前の旧石器時代後期に遡ると言われており、ミツバチの巣から取った蜜を使って果実を煮たことが始まりだと言われている。また、日本には16世紀後半に宣教師と共に入ってきたと言われている。

ジャムとマーマレードの違い

 日本農林規格によると、果実や野菜、花弁を砂糖や蜂蜜と共にゼリー化するまで加熱したものに酒類、柑橘類の果汁、ゲル化剤、酸味料、香料等を加えたものジャム類と言う。また、ジャム類の中で柑橘類の果実を原料とし、その皮が入っているものを「マーマレード」、果実等の搾汁を原料としたものを「ゼリー」、それ以外を「ジャム」と定義している。

 まぁつまり簡単に言うと、柑橘類で作ってあって、さらにその皮が入ってあるものが「マーマレード」、入っていなければ「ジャム」。