カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

4月29日,9月24日 畳の日

 4月29日と9月24日は「畳の日」畳の持つ住宅材としての素晴らしさや、敷物としての優れた点をアピールするために、全国畳産業振興会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、イ草の美しい緑色から、長年「みどりの日」として親しまれていたことから4月29日、環境衛生週間の始まりの日であり「清掃の日」であることから9月24日とした。

畳

 

畳の歴史

 畳は日本固有の文化で、その歴史は古事記の時代まで遡る。古代の畳は茣蓙(ござ)のような薄い敷物の総称で、使用しないときは畳んで部屋の隅に置いていたことから、動詞の「タタム」が変化して「タタミ」と呼ばれるようになったと言われている。

 現在の畳のように厚くなったのは平安時代に入ってからで、その後、室町時代に入ると部屋全体に敷き詰めるようになった。

 ちなみに、分厚い畳が庶民に普及したのは江戸時代中期頃とされている。