カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

7月10日 くにさき七島藺の日

 7月10日は「くにさき七島藺(しっとうい)の日」耐久性はイ草の数倍と言われ、若草のような優しい香りを持つ七島藺を広くPRして産地の振興を図ることを目的に、大分県国東半島に位置する国東市が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、七島藺を国東地方では「しっとう」と呼ぶことから、(7)とう(10)」の語呂合わせで、7月10日とした。

七島藺とは

 国内では本州南部から沖縄にかけて生えている植物で、主に畳の原料として使われる。七島藺という名称はトカラ列島が原産地であり、当時住民が住んでいた島が7つあったところから名付けられた。七島藺で作られた畳表は「くにさき七島藺表」と呼ばれ、農林水産省の地理的表示に登録されている。
「シチトウ」「琉球藺(リュウキュウイ)」などとも呼ばれる。

 

地理的表示とは

 ある商品の品質や評価が、その生産地の気候や風土などの特性に由来する場合、その商品の原産地名(地理的表示)を知的財産として保護する制度。