カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

6月1日 牛乳の日

 6月1日は「牛乳の日」乳への関心を高めて消費の拡大を図り、人々の健康の増進と食生活の向上を目的に、一般社団法人Jミルクが制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、2001年に国連食糧農業機構(FAO)が、牛乳への関心とともに酪農・乳業の仕事を多くの人に知ってもらおうと6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day)」と提唱したことから、6月1日とした。

牛乳のこと

 日本で牛乳が飲まれ出したのは6世紀頃、飛鳥時代か奈良時代だと言われている。当時は皇族や大名のような特権階級が薬として飲んでいた。庶民が飲めるようになったのは明治時代からだが、その頃はあまり普及しなかった。日常的に飲まれるようになったのはパン食が普及した戦後から。

法律上のあれこれ

 日本では「食品衛生法の乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」という法律によって、牛乳とは「直接飲用に供する目的又はこれを原料とした食品の製造若しくは加工の用に供する目的で販売(不特定又は多数の者に対する販売以外の授与を含む。)する牛の乳」と定義されている。

 ちなみに現在、牛乳を名乗る事が出来るのは生乳100%の商品のみで、それ以外は「牛乳」という言葉を商品名に入れてはいけないことになっているため、「珈琲牛乳」や「フルーツ牛乳」という商品は実は存在しない。