カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

6月7日 緑内障を考える日

 6月7日は「緑内障を考える日」中途失明の原因として最も多いとされる緑内障について広く考え、一年に一度は緑内障の検診を受けるようにと呼びかける日とするために、緑内障に関する啓発と情報発信、患者やその家族との交流と情報交換をめざして活動を行っている「緑内障フレンド・ネットワーク」が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、緑内(67)障」の語呂合わせから、6月7日とした。

緑内障とは

 眼圧によって視神経が、損傷を受け視野が狭くなる病気の総称。日本人の40歳以上では20人に1人が緑内障になっているとされている。 古代ギリシャのヒポクラテスが「目が地中海の海の色のように青くなり、やがて失明 状態になる」と記述したことからこの名前が付いた。