カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

5月1日 語彙の日(ごいの日)

 5月1日は「語彙の日」日常生活や学習活動、仕事で書いたり読んだり聞いたりする言葉を的確に理解するために必要な「語彙」の大切さを認識してもらうために、株式会社旺文社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、語彙(51)」の語呂合わせから、5月1日を記念日とした。

語彙のこと

 語彙のうち、まともな生活を送るために必要と思われるものを「基本語彙」といい、1500~3000語が必要とされている。ちなみに、6歳程度の子供が理解できる語彙の量はおよそ5000~6000語、13歳でおよそ3万語、20歳で4万5000~5万語程度になる。