カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

5月10日 地質の日

 5月10日は「地質の日」地層、岩石、土壌などで構成される大地の性質である「地質」について、多くの人に理解を深めてもらうために、一般社団法人日本地質学会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、1876年(明治9年)5月10日に、ライマンらによって日本で初めて広域的な地質図、200万分の1「日本蝦夷地質要略之図」が作成されたことから、5月10日とした。

 またこの日は、1878年(明治11年)に地質の調査を行う組織「内務省地理局地質課」が定められた日でもある。

 

地質のこと

 地質とは、地中にある岩石などの性質や状態、種類などのような特徴のことを言い、それらを研究する学問を地質学と言う。

 地質学とは、鉱物や岩石などの研究を通じて、地球の構成物質の性質と分布やそれらのでき方を明らかにし、地球と生物の歴史、地球を舞台とする物理・化学・生物現象の解明を目的とする学問である。分かりやすい成果としては、地下資源の探査や、建物を建てるときの地盤の安定性の調査などがある。