カレンダーをめくってみれば ~今日は何の日?~

記念日をメインに祝日やその他行事の事をまとめてみる。

5月12日 箕輪町安全安心の日

 5月12日は箕輪(みのわ)町安全安心の日」この日を通じて更なる安全安心の理想郷を求め、セーフコミュニティ活動を推進していくことを目的に、長野県上伊那郡箕輪町が制定し、日本記念日協会が認定した。

 この記念日は、長野県上伊那郡箕輪町が2012年5月12日にWHO(世界保健機関)協働センターから、安全安心なまちづくりを表すセーフコミュニティの国際認証を国内で4番目、全国の町村及び長野県内の自治体で初めて取得したことを記念して制定された。2017年4月現在、国内では14の市区町が認証されている。

セーフコミュニティとは

 事件や事故に対し、自治体や地域の人々が予防する意識を共有して、安心で安全なまちづくりを目指している地域社会のこと。 「WHO地域の安全向上のための協働センター」が提示している7つの指標をクリアし、現地視察などの審査に合格する事で認証される。

セーフ・コミュニティのための指標(INDICATORS FOR SAFE COMMUNITIES)(2012年1月~)

  1. コミュニティにおいて、セーフティ・プロモーションに関連するセクションの垣根を越えた組織が設置され、それらの協働のための基盤がある。
  2. 全ての性別、年齢、環境、状況をカバーする長期にわたる継続的なプログラムを実施する。
  3. ハイリスクグループと環境に焦点を当てたプログラム、及び弱者とされるグループを対象とした安全性を高めるためのプログラムを実施する。
  4. 根拠に基づいたプログラムを実施する
  5. 傷害が発生する頻度とその原因を記録するプログラムがある。
  6. プログラム、プロセス、そして変化による影響をアセスメントするための評価基準がある。
  7. 国内及び国際的なセーフ・コミュニティネットワークへ継続的に参加する。