カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月25日,2月25日,3月25日 とちぎのいちごの日

 1月25日,2月25日,3月25日はとちぎのいちごの日。「とちおとめ」「スカイベリー」など美味しい栃木のいちごをより多くの人に知ってもらい、食べてもらおうと、JA全農とちぎに事務局を置く栃木いちご消費宣伝事業委員会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、いちごの流通の多い1月から3月の中の(10)ちぎのいちご(15)」から「10+15=25」として、1月25日,2月25日,3月25日とした。

栃木の苺

 栃木県は生産量日本一を誇るイチゴの産地で、県内全域で栽培されており、その生産量は昭和43年から連続で日本一を記録している。「とちおとめ」「スカイベリー」などがある。

とちおとめ

 1996年に品種登録されたイチゴ。栃木県農業試験場で開発された品種で、「とよのか」と「女峰」を交配したものに、さらに「栃の峰」を交配して作られた。大型の円錐形で、甘味が強くて酸味は少なく、固くて日持ちが良いのが特徴。日本一の生産量を誇っている。

スカイベリー

 2014年に登録されたイチゴ。「大きさ、美しさ、美味しさ」の全てが大空に届くような素晴らしいイチゴという意味が込められており、栃木県にある百名山の1つ「皇海山(すかいさん)」にもちなんでいる。正式な品種名は「栃木i27号」。とちおとめの後継になることを期待されて開発された。

スカイベリーの特徴
  • 極めて大果で、25g(3L)以上の割合が約2/3を占め、揃いが良い。
  • 果形はきれいな円すい形で、果色は明るく色鮮やかで光沢があります。
  • 果実は甘味と酸味のバランスが良くまろやかで、優れた食味です。
  • また、なめらかでジューシーな食感と独特の芳香が特徴です。
スカイベリーPRムービー

 

イチゴの豆知識

 日本では石器時代から食べられていたが、当時は野生の野いちごを食べていた。現在普及している苺はオランダ苺と呼ばれるもので、江戸時代末期にオランダから入ってきた。

 実は種のように見える小さなツブツブの方がいちごの果実。赤い部分はめしべの土台となる部分で「花托(かたく)」と呼ばれており、茎の先が大きく膨らんだもの。

苺

記念日とかいろいろ