カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月9日 とんちの日

 1月9日はとんちの日。日付は、とんちで有名な一休さんの語呂合わせからそう呼ばれるようになった。「クイズの日」と呼ばれることもある。

とんちのこと

 とんちとは、「その場に応じて臨機応変に対応できる知恵」という意味で、漢字だと「頓知」と書く。「このはし渡るべからず」や「屏風のトラ」、「長靴をはいた猫」などが有名。

とんち

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)

 「一休さん」の愛称でお馴染みの、室町時代の臨済宗の僧侶。江戸時代に作られた一休さんの逸話集「一休咄(いっきゅうばなし)」によって有名になった。