カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月14日 愛と希望と勇気の日

 ※ アンパンマンとは何の関係もありません。

 1月14日は愛と希望と勇気の日。1959年1月14日、1年前に南極に置き去りにされていた樺太(カラフト)犬15頭のうちの2頭「タロ」と「ジロ」が生きていることが確認された。この2頭の犬の勇気をたたえ、生きることへの希望と愛することの大切さを忘れないために制定された日。タロとジロの日と呼ばれることもある。

この2頭の生存劇は「南極物語」というタイトルで映画化されたが、創作された部分もかなり多いらしい。

 なお、タロは帰国した後老衰で亡くなるまで生きたが、ジロは南極昭和基地で病死した。どちらも現在は剝製となって、タロは北海道大学植物園、ジロは国立科学博物館で展示されている。

タロとジロ
引用元:稚内市青少年科学館