カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月13日 遺言の意味を考える日

 1月16日は遺言の意味を考える日。相続法の改正で遺言書の方式緩和が2019年1月13日から施行される。これにより遺言の手続きが一般の人にさらに身近になることから、遺言の大切さ、その意味を考えるきっかけの日としてもらおうと、相続に関わる問題解決を支援をする一般社団法人えがお相続相談室が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は法律が施行される日であること「(1)言の意味(13)」という語呂合わせから1月13日とした。

相続法改正

 2018年(平成30)年7月に相続法が大きく改正された。、2019年(平成31年)1月13日から段階的に施行されていっている。

 相続に関するトラブルを防ぐために、民法では、誰が相続人となり、また、何が遺産にあたり、被相続人の権利義務がどのように受け継がれるかなど、相続の基本的なルールが定められています。この民法の相続について規定した部分を「相続法」と言います。

 相続法は、昭和55年(1980年)に改正されて以降、大きな改正は行われていませんでしたが、高齢化の進展など社会環境の変化に対応するため、約40年ぶりに大きな見直しが行われました。

相続法の改正の主な内容

  • 配偶者居住権を創設
  • 自筆証書遺言に添付する財産目録の作成がパソコンで可能に
  • 法務局で自筆証書による遺言書が保管可能に
  • 被相続人の介護や看病で貢献した親族は金銭要求が可能に

など