カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月9日 ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日

 1月9日はジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日。ブルーマウンテンコーヒーの更なる普及を目的に、ジャマイカコーヒー輸入協議会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、ジャマイカ産コーヒーがキングストン港より日本向けに初めて大型出荷(60kgの袋を1400袋)した日(1967年1月9日)にちなんで、1月9日とした。

ブルーマウンテンコーヒーの豆知識

ジャマイカで生産されるコーヒーは大きく2種類に分けられます。ジャマイカと言えば、優雅な香り、調和の取れた甘味のある味わいから"コーヒーの王様"と称される「ブルーマウンテンコーヒー」が有名です。 しかしブルーマウンテンと呼べるのは、コーヒー産業公社(Coffee Industry Board以下"CIB")の定めた、ジャマイカ東側に連なるブルーマウンテン山脈(2,256m)の内側にあたる"ブルーマウンテンエリア"で栽培されたコーヒーだけです。このエリア以外で生産されたコーヒーは"ノン・ブルーマウンテン"と呼ばれます。

ブルーマウンテンエリアのほとんどは険しい斜面の山岳地帯で、1日の中の寒暖差が平均8℃以上になるため、豆が膨らんだり縮んだりの運動を繰り返すことで引き締まりコクが生まれます。弱酸性の土壌、豊富な雨量、さらに山脈を"ブルーマウンテン"と言わしめる霧が頻繁に発生して、コーヒーの木だけでなく土壌にも適度な水分を補給します。まさに、コーヒーの栽培には最高の条件が備わった環境なのです。

引用元:UCC

樽の話

コーヒーの中でも、樽詰めで輸出されるのはブルーマウンテンだけで、ほかのコーヒーは麻袋詰めで輸出されます。18世紀中頃から後のイギリスの植民地時代に、イギリスから船積みされた小麦粉などの空き樽を再利用し、コーヒーやラム酒などを入れて出荷したのが始まりといわれています。

ブルーマウンテン樽は、アメリカの温帯林の木材で、においがありません。樽詰するメリットは、木が内外の湿気を吸収・放出することによって、大きな変化を与えず、また、輸送時などに発生する急激な温度変化を緩和します。コストも手間も掛かりますが、樽は最高級コーヒーの品質を保持するための重要な役割を担っているのです。

ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日