カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

10月24日 文鳥の日

文鳥の日
ウィキペディアより

 10月24日は文鳥の日。江戸時代から愛されてきた文鳥について考える日とするために、文鳥に詳しいライターの伊藤美代子氏が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、(10)(2)(4)あわせ」という語呂合わせと、この時期に手乗り文鳥のヒナが出回ること。それに「1024」の数字で、文鳥の姿をあらわせることから、10月24日とした。

◆◆◆

 文鳥は、その小さな体と親しみやすい性格で多くの鳥好きに愛されています。原産地はインドネシアのジャワ島やバリ島などの熱帯地域で、自然界では群れをなして生活しています。これが、文鳥が社交的で、群れでの生活を好む理由です。

 人間との関係においても非常に人懐っこい性格をしており、飼い主とのスキンシップを楽しむことから、ペットとして非常に適しています。その聡明さから、飼い主の感情を敏感に察知し、声のトーンや行動からその日の気分を読み取ることができると言われています。

 しかし、その一方で警戒心が強く繊細なため、環境の変化や新しい事柄に対して神経質になることがあります。また、他の文鳥との相性が合わない場合には、ストレスを感じやすく、喧嘩をしてしまうことも。これを防ぐためにも、複数飼いする際には慎重に個体を選ぶことが重要です。

 文鳥は高い体温を維持しており、寒さに非常に弱いのが特徴です。そのため、冬場は特に室温管理に注意し、暖房器具を用いるなどして快適な環境を保つことが求められます。また、水浴びを非常に好むため、定期的に水浴びができる環境を提供することで、ストレスの解消と羽の健康維持に寄与します。

記念日とかいろいろ