カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

11月10日 いい友の日

 11月10日はいい友の日。東日本大震災を経験した今、大切な友との絆を見つめ直す日とするために、株式会社シティーウェーブが制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、いい(11)(10)も」の語呂合わせから、11月10日とした。

◆◆◆

 東日本大震災という未曾有の災害を経験してから、私たちは多くを失い、同時に多くを学びました。何よりも、その中で最も価値ある発見は、困難な時ほど人々の絆が深まるということです。友人との関係においても、この大震災は互いの存在の大切さを改めて認識させてくれました。

 震災時、多くの人が家族や友人を思いやり、支え合う姿を見ました。その時の経験は、私たちが日常で忘れがちな、絆の重要性を突きつけてくれます。友人とは、ただ楽しい時間を共有する人ではなく、苦しい時、悲しい時に真っ先に駆けつけてくれる大切な存在だということを、私たちは震災を通じて学びました。

 また、震災は私たちに、人生は予測不可能であるという現実も教えてくれました。だからこそ、今、この瞬間に友とどう接するかが重要です。毎日を大切にし、些細なことでも感謝の気持ちを伝えること。それが、震災後に改めて重視するようになった友情の質を高める方法です。

 友との絆を見つめ直すことは、過去の苦難を乗り越えるためだけではなく、未来への準備でもあります。共に笑い、共に泣き、支え合うこと。それが私たちが築くべき絆の本質です。震災を経験した今、改めて友情の価値を確認し、それを大切に育んでいくことが、私たちにとって最も意味のある行動となるでしょう。

記念日とかいろいろ