カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

毎月17日 国産なす消費拡大の日

 毎月17日は国産なす消費拡大の日。ナスの消費量を増やす日とするために、冬春なす(ふゆはるなす)の主産6県の組合(高知園芸連、全農ふくれん、熊本経済連、全農岡山、佐賀経済連、全農徳島)で構成する冬春なす主産県協議会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、「なすび記念日(4月17日)」のPR期間を拡大したため、毎月17日となった。

ナスの豆知識

 ナスは収穫される時期によって呼び方が変わる。10月から6月にビニールハウスで作られているナスの事を「冬春ナス」、7月から11月に露地栽培で作られているナスのことを「夏秋なす(かしゅうなす)」と呼ぶ。

 ナスの原産地はインドで、日本には8世紀頃に入ってきた。

なす