カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

毎月30日 EPAの日

 毎月30日はEPAの日。肉中心の生活を送る現代人に、肉(29)を食べた次の日(30)には魚を食べ、EPAを摂取してバランスよい食生活を一年中送って欲しいという思いを込めて、日本水産株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

EPAとは

 eicosapentaenoic acidの略で、日本語ではエイコサペンタエン酸(イコサペンタエン酸)と呼ばれている。ニシン・サケ・イワシ・サバ・アジなどの青魚に多く含まれている。

 EPAが知られるようになったのは今からおよそ半世紀前。1960年代~1970年代に行われた疫学の調査で、イヌイットがデンマーク人よりも心筋梗塞で亡くなる数がとても少ないことが判明した。その理由を解明するためにそれぞれの血液を調べた結果、EPAが関わっていること、それが青魚に由来していることが分かり、EPAが注目を集めるようになった。血液凝固、脂質代謝の抑制効果がある事が分かっており、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、血栓症、高脂血症など生活習慣病の予防に役立つとされている。広義では必須脂肪酸に含まれる。

EPA
引用元:Biowiki

必須脂肪酸

 生きるために必要だが体内で作ることができないため、食事によって摂取する必要がある脂質。EPAの他に、リノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸、DHAが当てはまる。

記念日とかいろいろ