カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月24日~30日 全国学校給食週間

 1月24日~30日は全国学校給食週間。生徒・教職員・保護者・地域住民らに、学校給食の意義や役割に対しての理解と関心を高めてもらい、学校給食のより一層の充実と発展を図ることを目的に、1950年(昭和25年)に文部省により設けられた。

 日付は、もともと12月24日を「学校給食感謝の日」と定めていたが、この時期は冬季休業と重なる地域もあるため、それを避けて1ヶ月後の1月24日から1月30日とした。

給食の豆知識

 日本の学校給食は、明治22年に山形県鶴岡町(現・鶴岡市)の私立忠愛小学校で始まったとされている。その後、都市部を中心に広まっていったが、戦争の影響によって一時期は中断されていた。給食が再開されたのは昭和22年1月からで、現在では、小学校の99%、中学校の90%が実施している。

 ちなみに、平成30年度の学校給食における地場産物の使用割合は26%、国産食材の使用割合は76%だった。

記念日とかいろいろ

省庁などが作った記念日