カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月11日 初午いなりの日

 2月11日は初午(はつうま)いなりの日。「初午いなり」の事を、一般社団法人全日本いなり寿司協会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、初午となる日に近い国民の祝日の「建国記念の日」と同じ2月11日とした。

初午いなりとは

 初午とは2月最初の午の日のことで、この日に稲荷神社では商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達・病気平癒など、様々な幸を願う祭りが行われる。

 初午は運気が高まる日とされ、稲荷神社のお使いであるキツネの好物の油揚げを使った「いなり寿司」を食べると福を招くと言われている。このいなり寿司のことを「初午いなり」と呼ぶ。

稲荷寿司の豆知識

 稲荷寿司に関する最古の史料は、江戸時代後期について記された「守貞謾稿(もりさだまんこう)」という書物で、この書物に書かれている内容から、発祥の地は名古屋・豊川・江戸のいずれかであるとされているが、はっきりとした記載はないため詳細は不明。

 語源については、稲荷神の神の使いである狐の好物が油揚げであるという言い伝えからいなり寿司の名が付いたという説がある。また、地方によっては「こんこん寿司」「きつね寿司」と呼ばれることもある。

稲荷寿司