カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月14日 ふんどしの日

 2月14日はふんどしの日。ふんどしの普及と人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的に、一般社団法人日本ふんどし協会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、(2)(1)(4)」の語呂合わせから2月14日とした。

ふんどしの豆知識

 ふんどしがいつから穿かれていたのかハッキリとは分かっていないが、少なくとも1400年前には存在していたことが分かっている。ふんどしはかなり昔の物という印象も強いが、第二次世界大戦後に西洋化が進むまではそこまで珍しいものでもなかった。

 ふんどしは男が穿くものというイメージが強いが、タンポンやナプキンが普及するまでは「お馬」と呼ばれるふんどし状の生理帯を使用していた。ちなみに現在使われているような生理用品が普及しだしたのは今からわずか50年ほど前で、意外と最近のことだったりする。

 寝るときはふんどしを履くと、普通の下着のようにゴムによる締め付けがないため、血行が良くなり、冷え症やむくみなどの対策になり健康に良いのだとか。

 漢字で書くと「褌」と書く。

ふんどしの日

記念日とかいろいろ

衣服の記念日