カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月17日 千切り大根の日

 2月17日は千切り大根の日。日本の伝統食である千切り大根の良さを広く知ってもらうために、乾燥野菜食品メーカーのこだま食品株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、千切り大根の生産が2月に最盛期を迎えること「千」の字を「二」と「1」に見立て、「切」の字の「七」とを合わせて2月17日とした。

千切り大根の豆知識

 千切り大根とは、千切りにした大根を乾燥させたもので「切り干し大根」とも呼ばれている。乾物の中では戻す時間が短く灰汁が少ないため扱いやすい。また、戻すと重量は約4倍になる。主な産地は宮崎県で、年間2500~3000トンほど生産されている。食物繊維を始め、カリウムやカルシウムなどのミネラル類も多く含まれている。

千切り大根