カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

3月5日 常陸牛の日

 3月5日は常陸牛(ひたちぎゅう)の日。茨城産黒毛和牛の「常陸牛」の更なる認知度の向上と消費の拡大、ブランディングの確立を目的に、茨城県茨城町の全農茨城県本部内に事務局を置く茨城県常陸牛振興協会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、1977年3月5日に茨城県常陸牛振興協会が設立されたことから、3月5日とした。

常陸牛とは

 常陸牛とは、指定生産者が茨城県内で最も長く飼育した黒毛和牛の内、日本食肉格付協会の枝肉取引規格の歩留等級がAまたはBで、かつ、肉質等級が5または4に格付けされた牛肉のこと。

 天保3年(1832年)12月、徳川斉昭公が現在の水戸市見川町に桜野牧を設け、黒牛を飼育し始めた事がh始まりとされている。その後昭和51年7月に茨城県産牛銘柄確立推進協議会が発足、優秀な黒毛和種を「常陸牛」と名付けた。

常陸牛
引用元:茨城県常陸牛振興協会

歩留等級

 1頭の牛から、どの位の赤肉が得られるかという基準。

肉質等級

 肉の締まりや、霜降りの度合い、色、光沢、脂肪の質などの基準。