カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

3月7日 十歳の祝いの日

 3月7日は十歳(ととせ)の祝いの日。10歳の節目を迎える子供たちの健全な成長を願い、未来像を描いてもらう日としてもらうために、十歳の祝い普及促進協議会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、3月が年度替わりの月なので、対象の子供の多くが10歳を迎え終わることと、3と7を足すとと10になることから、3月7日とした。

 七五三のようなこどもの成長を祝う行事である10歳の「二分の一成人式」「立志式」にならい、通過儀礼のひとつとして和装、洋装の晴れ着を着る機会の提供、親子の絆、地域でこどもを見守る風土の醸成などが目的。

2分の1成人式とは

 成人の2分の1の年齢である10歳を迎えたことを記念して行われる行事で、1980年頃に兵庫県西宮市で始まったとされている。「十歳式」「ハーフ成人式」とも呼ばれる。