カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

3月10日 ゼロミートの日

ゼロミートの日

 3月10日はゼロミートの日。肉よりも脂質やカロリーが抑えられたヘルシーなゼロミートのことをより多くの人に知ってもらうために、食品や飲料の製造販売などを手がけている大塚食品株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、ゼロミート(0310)」の語呂合わせから、3月10日とした。

ゼロミート

 大塚食品から販売されている肉の代わりに大豆を使った商品シリーズ。ゼロミートハンバーグ・ゼロミートハム・ゼロミートソーセージなどがある。

◆◆◆

 ゼロミート、あるいはプラントベースミートとしても知られる大豆ミートは、健康、環境、そして地球の未来に配慮した食の選択肢として注目を集めています。その名の通り、動物性の肉を一切使用せず、大豆をはじめとする植物性の原料からつくられているのが特徴です。日本でも「畑の肉」と称されるほど、大豆は豊富な植物性たんぱく質を提供する貴重な食材です。

 大豆ミートの魅力は、そのヘルシーさにあります。肉食中心の食生活はカロリーや脂質が過多となりがちですが、大豆ミートはこれらの心配が少なく、コレステロールの摂取も抑えられます。また、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富で、健康的な食生活をサポートします。そのため、肉を控えたいと考える人々や、健康を意識する人々から多くの支持を得ています。

 さらに、ゼロミートは環境に対する配慮からも高い評価を受けています。畜産業は水資源の大量消費やメタンガスの排出など、地球環境への負担が大きいとされています。これに対し、大豆ミートはこれらの環境負荷を大幅に軽減することが可能です。また、急速に増加する世界人口に対して持続可能なたんぱく資源を提供する解決策としても、大豆ミートは期待されています。

 これらの理由から、大豆ミートは単なる代替肉という枠を超え、新たな食文化の一翼を担う可能性を秘めています。食の多様性を広げ、健康と環境を守るための選択肢として、大豆ミートは今後もさらなる発展を遂げていくことでしょう。その進化は、私たちの食卓だけでなく、地球全体の未来にもやさしい影響をもたらすことになります。ゼロミート、それは私たちの体にも心にも、そして地球にもやさしい、希望に満ちた選択なのです。