カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

4月10日 ピークシフトデー

 4月10日はピークシフトデー。ピークシフトの認知度を向上させる事を目的に、日本コカ・コーラ株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、「ピーク(4)(10)」の語呂合わせから、4月10日とした。

ピークシフトとは

 一日のうち消費電力の多い日中の電気の使用を極力控え、その分の作業を夜間に行う事で、供給電力の平準化を図ること。コカ・コーラでは、冷却用の電力を一般的に電力使用がピークとなる日中から比較的電力に余裕がある夜にシフトする「ピークシフト自販機」の設置を推奨している。

ピークシフト自販機

「ピークシフト自販機」は、7時から23時までの最長16時間、冷却用電力を「ゼロ」にすることで、日中の消費電力を最大95%削減しながら、24時間、冷たい製品を提供できる省エネ型自動販売機です。従来機で採用されていた発砲ウレタンの10分の1の厚さで10倍の断熱性能を誇る真空断熱材を使用し、自動販売機の外形寸法や製品の収容本数を変えることなく、断熱性の向上を図りました。また、従来機では収容製品の一部を冷却する「ゾーン冷却」を採用していましたが、「ピークシフト自販機」ではすべてを冷却する「全体」冷却を採用し、自動販売機内の製品を蓄冷剤として使用することで、冷却効果を高めることに成功しました。冷媒には地球温暖化への影響が少ない自然冷媒CO2ノンフロンを使用しています。 「ピークシフト自販機」は、第10回エコプロダクツ大賞「推進協議会特別賞(節電優秀賞)」、平成25年度省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞しています。