カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

6月15日 生姜の日

 6月15日は生姜の日。古くから優れた調味料として、あるいは体に良い食材として生活に取り入れられてきた生姜。奈良時代には神様への供え物として献じられ、6月15日に感謝の祭りが行われてきた。

 この日を生姜の魅力を多くの人に知ってもらうキッカケの日とするために、生姜の研究や商品開発を行っている株式会社永谷園が制定し、日本記念日協会が認定した。

 ちなみに、生姜の古名である「はじかみ」を名乗る石川県金沢市の「波自加弥神社」ではこの日に「はじかみ大祭」が行われる。

生姜の豆知識

生姜の原産地はインドからマレー半島にかけてのアジア南部とされている。日本には3世紀頃に中国から伝わってきた。長く薬用として栽培されていたが、普通に食用として食べられだしたのは江戸時代に入ってからで、それまでは主に薬用として栽培されていた。現在国内では高知県が国内生産量の半分近くを占めており、ついで熊本、千葉、宮崎などでも生産されている。

皮むき

 水で表面を濡らした生姜をスプーンでこそぐだけで簡単に皮を剥くことができる。