カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

6月25日 生酒の日

 6月25日は生酒(なまざけ)の日。月桂冠株式会社の超精密ろ過技術の応用で常温流通が可能になった生酒。これにより蔵元でしか味わえなかった搾りたての美味しさを全国どこでも楽しめるようになったことから、その歴史を伝え、生酒の魅力をより多くの人に知ってもらおうと、京都府京都市伏見区の老舗日本酒メーカー月桂冠株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、本格的な生酒を発売した日(1984年6月25日)にちなんで、6月25日とした。

生酒とは

 製成後、一切加熱処理をしない清酒(清酒の製法品質表示基準)のこと。

古来、日本酒は神祭りや客を迎えるたびに造られ、飲み残すとすぐにすっぱくなり、味も香りも悪くなったので、その場で飲み干してしまう「待ち酒」でした。これが「生酒」のルーツです。その後、室町時代末期以降、火入れが行われはじめ、さらに江戸中期には寒造りが定着したこともあって、生酒を飲まれることが少なくなり、結果、火入れをした酒が主流となりました。
しかし近年、酒蔵で飲んだしぼりたての日本酒を楽しみたい、夏場に冷酒を楽しみたいなどの声を受け、再び生酒が商品化されるようになりました。

生酒

記念日とかいろいろ

お酒の記念日