カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

7月2日 谷川岳の日

 7月2日は谷川岳の日。1920年7月1日、藤島敏男・森喬(日本山岳会)の2名が、土樽の案内人剣持政吉を伴い土樽村から入り、仙ノ倉山に至り三ノ沢に下降。翌日の7月2日に矢場尾根から茂倉岳・谷川岳に至り天神峠から谷川温泉に下った。この日本登山史に残る谷川岳初登頂の日を記念して、群馬県みなかみ町が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、登頂日が1920年7月2日であったことから、7月2日とした。

谷川岳の豆知識

 群馬と新潟の県境にある山で、日本百名山の1つに数えられている。標高はおよそ2000m。

 初心者から上級者向けまでの登山コースがあり、年間4万人を越える登山者が訪れている。しかし、危険なポイントが多い上に天候の変化も激しいため遭難者が極めて多く、世界一遭難者が多い山としてギネスにも認定されている。

記念日とかいろいろ

地方自治体が作った記念日