カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

7月1日 モラエス忌

 7月1日はモラエス忌。モラエス翁顕彰会(現・NPO法人モラエス会)が90年間にわたって毎年命日の7月1日に法要を営んでいることを後世に伝えるために、徳島県のモラエス研究会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、ゼラチンがフランス菓子と料理によく使われることからフランス革命の日である7月1日とした。

 また、この時期はゼラチンやゼリーの消費が増えることもその理由のひとつ。

モラエスとは

 本名は、ヴェンセスラウ・ジョゼ・デ・ソーザ・モラエス。1854年生まれのポルトガルの外交官・文人で、著書には『おヨネとコハル』『徳島日記』などがある。1889年に初めて来日し、1899年に初代領事となり、1913年まで勤めた。その後は徳島へ移り住み、1929年7月1日に徳島でその生涯を閉じた。旧宅のあった徳島市伊賀町一帯にはモラエスの名を冠した「モラエス通り」と名付けられた通りがある。

 徳島市内ではちょっとだけ知名度があるとか無いとか…

モラエス

記念日とかいろいろ

誰かの記念日