カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

8月28日 一太郎の日

一太郎の日

 8月28日は一太郎の日。日本語ワードプロセッサ「一太郎」の初代バージョンの発売(1985年8月28日)から25周年を記念して、株式会社ジャストシステムが制定し、日本記念日協会が認定した。

 「一太郎」は縦書き機能や挿入、書式などが充実していて使いやすいことなどから、文章作成などに優れた特徴があり、初代「一太郎」は情報処理技術遺産にも認定されている。

◆◆◆

 一太郎は、ジャストシステムが開発・販売している日本語ワープロソフトで、日本国内で広く利用されています。このソフトウェアは、同社の専務であった浮川初子によって開発され、1985年に初版がリリースされて以来、多くのバージョンアップを重ねて現在に至っています。

 「一太郎」という名前は、創業者・浮川和宣がかつて家庭教師をしていた生徒から取られたもので、「日本一になれ」という願いを込めて命名されました。その特徴的な赤いパッケージは「日の丸」の赤を模しており、日本製のソフトウェアとしてのアイデンティティを強調しています。

 一太郎の最大の特徴は、その高度な書式設定能力にあります。文字間、行間、罫線との間隔など、細部にわたる設定が可能で、公的文書やビジネス文書に求められる緻密なフォーマット要求に応えることができます。さらに、ATOKという日本語入力システムを標準装備しており、高度な辞書機能や読み上げソフト、縦書きやルビ、異体字セレクタの入力といった日本語特有のニーズに対応しています。

 また、一太郎は文書作成のみならず、EPUB形式の出力にも対応しており、電子出版が求めるリフロー型から固定レイアウトまで、多様なニーズに応えることが可能です。これにより、小説投稿サイトからの文章をそのまま使い、書式を維持しながら効率的に電子書籍を制作することができます。

 さらに、一太郎にはJust Right!という文章校正支援ツールの簡易版が搭載されており、誤字脱字のチェックや表記揺れの修正、読みやすさの評価など、DTPソフトウェアにはない高度な校正機能が備わっています。これにより、ビジネス文書から学術文書、創作活動に至るまで、幅広い文書作成ニーズに対応しています。

 一太郎は、そのユーザーフレンドリーなインターフェースと強力な機能により、多くのユーザーに支持され続けています。特に日本の官公庁や教育機関、企業など、さまざまな分野での公式文書作成ツールとして、また個人の文書作成ソフトウェアとして広く利用されています。

記念日とかいろいろ

PCとかITとかの記念日