カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

8月1日 配置薬の日

 8月1日は配置薬の日。先用後利という有用性、利便性、経済性に優れた配置薬の普及拡大のために、「おきぐすり」の発展・研究で保健衛生水準の向上をめざす一般社団法人全国配置薬協会が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、(81)置」の語呂合わせから、8月1日とした。

おきぐすり

 正式名称は「配置販売業」。以前は「売薬」と呼ばれていた。

 販売員が消費者の家庭や企業を訪問して医薬品の入った箱を預けておき、次回の訪問時に使用した分だけ集金するというもの。このようなシステムは「先用後利」と呼ばれている。

常備薬の入った薬箱を無料で各家庭に配置し、薬売りが年に数回、配置先の家庭を巡回して薬の使用状況を確認、補充を行い、顧客は使用した薬の代金だけを支払う。とくに有名なのは「富山の薬売り」で、当時藩の保護・統制を受けて発展し、全国に広まっていった。

 このような歴史を持つ「配置薬」は、医薬の普及が十分ではなかった江戸時代から300年以上にわたりセルフメディケーションの先駆けとして、地域の人々の健康維持・増進を支えてきた。