カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

8月3日 「共創する未来」の日

 8月3日は「共創する未来」の日。「未来はやって来るものではく、多様な人々が集い共にビジョンを描き共に創りだすもの」と意識することで人の生きる未来がより良くなるという考えから、そのシンボル的な日とするために、学習塾の経営などを行う株式会社東京個別指導学院が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、未来と成長を表す末広がりの「八」と、売り手も買い手も満足した上で社会に貢献できてこそ良い商売である「三方良し」の「三」を組み合わせて、8月3日とした。

 「末広がりの八」は、未来へと続く成長、「三方良し」とは、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」のこと。売り手も買い手も満足した上で社会に貢献できてこそ良い商売であるとの考え方で、近江商人の経営哲学である。

 東京個別指導学院の企業理念には【笑顔あふれる「人の未来」に貢献する】という文言がある。「共創する未来」の日の制定にあたり、共創を広げていくことで、笑顔あふれる「人の未来」に貢献したいという想いをより強くしていく。