カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

8月21日 治療アプリの日

 8月21日は治療アプリの日。「治療アプリ」を第3の治療法として多くに人に知ってもらい、活用してもらおうと、医学的エビデンスに基づいた医療機器プログラム「治療アプリ」を開発する株式会社CureAppが制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」が厚生労働省より製造販売承認(薬事承認)を取得した日(2020年8月21日)にちなんで、8月21日とした。

◆◆◆

 治療アプリは、医学的知見に基づくアルゴリズムを用いて、患者の日常で得られる健康データを解析し、個別化された治療アドバイスを提供するデジタルヘルスケアツールです。これらのアプリは、スマートフォンや他のデジタルデバイスを介して機能し、通院と通院の間の治療空白期間を効果的に支援します。

 具体的には、患者が自身の体調や生活習慣に関する情報をアプリに入力すると、組み込まれているアルゴリズムがこれを解析。アプリは医学的エビデンスに基づいた個別最適化された診療アドバイスをリアルタイムで提供し、患者が自己管理を行いやすくします。これにより、患者は次回の医師の診察までの間、継続的に健康管理を行うことができ、治療効果の向上が期待されます。

 治療アプリの適用範囲は広く、糖尿病、ニコチン依存症、うつ病、慢性心不全、脂肪肝、アルコール依存症、がん、パーキンソン病、喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性腎臓病、高血圧、脂質異常症など、多岐にわたる疾患が対象です。これらの疾患に対して、アプリは症状のモニタリング、生活習慣の改善指導、薬剤服用の支援など、多角的な介入を可能にします。

 また、2014年の医薬品医療機器等法(薬機法)の改正により、このようなソフトウェアが「医療機器プログラム」として正式に扱われるようになりました。これにより、治療アプリの開発と普及が法的な枠組みの中で進められています。

 治療アプリの導入によるメリットは大きく、患者個人はもちろんのこと、医療提供体系全体の効率化に寄与し、国民医療費の抑制にも貢献が期待されています。具体的には、治療の質の向上、医療アクセスの改善、患者満足度の向上などが挙げられます。また、医療従事者にとっても、患者の健康状態をより正確に把握する手段を提供し、診療の質を向上させる助けとなります。

記念日とかいろいろ

PCとかITとかの記念日