カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

9月1日 防災の日

 9月1日は防災の日。国民が災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するための日として、1960年(昭和35年)に内閣の閣議了解によって制定された。

 日付は、1923(大正12)年9月1日に起きた関東大震災であることや、暦の上で台風が多いと古くから言い伝えられている二百十日になる事が多いことから、9月1日とした。

◆◆◆

 防災とは、自然災害や人災による被害を未然に防ぐための準備や対策を行うことです。日本のように地震や台風などの自然災害が多い国では、防災意識を持って日常生活を送ることが非常に重要です。

 貴重品類、避難用具、生活用品、救急用具、非常食品、衣料品など、災害時に必要となるさまざまなアイテムを事前に準備しておくことは、避難生活を少しでも快適に、そして安全に過ごすために不可欠です。以下に、これらのアイテムについて詳細を説明します。

 貴重品類:災害時には現金が必要となる場合が多いため、小銭を用意しておくことが推奨されます。また、通帳やカード、健康保険証、運転免許証などの重要な書類は、番号を控えたメモやコピーを準備しておくと安心です。

 避難用具:懐中電灯、携帯ラジオ、予備の乾電池、ヘルメット、防災ずきんなどは、避難時に役立つアイテムです。特に懐中電灯は、停電時に非常に重要になります。

 生活用品:厚手の手袋、毛布、缶切り、ライター、マッチ、ナイフ、携帯用トイレなどを準備しておくことで、避難所での生活が少しでも快適になります。

 救急用具:救急箱には絆創膏や消毒液を始めとする基本的なアイテムを入れておき、必要な処方薬や胃腸薬なども準備しておくことが重要です。

 非常食品:乾パン、缶詰、栄養補助食品、アメ、チョコレート、飲料水など、少なくとも3日分は準備しておくとよいでしょう。これらは緊急時に素早くエネルギーを補給できるようにするためです。

 衣料品:動きやすい下着や靴下、長袖、長ズボン、防寒用ジャケット、雨具なども準備が必要です。これらは気候や天候に応じて選び、快適な着用が可能なものを選ぶことが望ましいです。

 これらの準備を事前に行うことで、もしもの時に落ち着いて行動することができ、自身と家族の安全を守ることが可能になります。防災は事前の準備が非常に重要であり、日頃からの意識が問われるため、定期的に必要な物資の確認や更新を行うことを心がけましょう。

地震時の非常用持出品リスト by 消防庁

貴重品類(現金(10円玉)・預金通帳・印鑑・保険証・免許証)

防災の日

 10円玉は公衆電話用に。通帳、カード、健康保険証、運転免許証などは番号を控えたメモかコピーを用意しておくと良い。

避難用具(懐中電灯・携帯ラジオ・予備の乾電池・ヘルメット・防災ずきん)

 懐中電灯はできれば一人に一つ用意すると良い。

生活用品(厚手の手袋・毛布・缶切り・ライター・マッチ・ナイフ・携帯用トイレ)

 避難所生活に最低限必要なもの。赤ん坊やお年寄り、障害者がいる場合など考慮して揃えましょう。

救急用具(救急箱・処方箋の控え・胃腸薬・便秘薬・持病の薬・生理用品)

 救急箱には絆創膏・消毒液など。その他ビタミン剤など日頃使っているサプリメントなどもあると良い。

非常食品(乾パン・缶詰・栄養補助食品・アメ・チョコレート・飲料水)

 最低3日分は用意すること。そのままで食べられるものが便利。

衣料品(下着・靴下・長袖・長ズボン・防寒用ジャケット・雨具)

 衣類は動きやすいものを選ぶ。セーターなどの防寒具も寒い季節には役立つ。

その他

携帯カイロなど

記念日とかいろいろ

省庁などが作った記念日