2月22日 温泉マークの日

 2月22日は温泉マークの日。江戸時代の磯部の古文書に温泉マークが記されていることから「日本最古の温泉記号の地」であることを広く知ってもらうために、群馬県安中(あんなか)市の磯部温泉組合が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、温泉マークの3本の曲線の湯気が逆から見ると数字の2が3つ並んでいるように見えること温泉地らしい3つの言葉(風情、風景、風味)の頭文字である「ふ=2」を3つ並べて2月22日とした。

温泉マークの起源

 1661年、農民同士の土地争いが起きた事がある。その決着を付けるための評決文「上野国碓氷郡上磯郡村と中野谷村就野論裁断之覚」が江戸幕府から出され、添付図の磯部温泉と記した記号が2つ存在した。これら記号が日本最古の温泉記号とされおり、温泉から水蒸気が上がる様を表現している。

最古の温泉マーク
引用元:安中市