カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月16日 寒天の日

 2月16日は寒天の日。一時期ブームとなった寒天を一過性のものとしないために、茅野商工会議所長野県寒天水産加工業協同組合が制定し、日本記念日協会が認定した。

 日付は、2005年2月16日にテレビで寒天が放送されて、その後のブームにつながったことと、天然製造の寒天は、この時期に大詰めを迎えることから、2月16日とした。

寒天の豆知識

 天草(てんぐさ)などの海藻を煮溶かして固めたものをところてんと言い、ところてんを凍結・乾燥させた食材を寒天という。寒天の8割は食物繊維でできている。ゼラチンの代わりに寒天を使った寒天ゼリーや、杏仁豆腐に入っている牛乳寒天としてよく食べられている。

 寒天が生まれたのは江戸時代初期の事で、当時京都にあった旅館「美濃屋」の主人が、外に捨てたところてんが乾燥したのを見つけて食べてみたのが始まり。

 寒天という名前は「寒ざらしところてん」を略して「寒天」となったと言われている。