カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

1月15日 いいいちごの日

 1月15日はいいいちごの日。苺の宣伝のために全国いちご消費拡大協議会が制定したらしいが、この協議会についての情報が一切見当たらず信ぴょう性は不明。日付は、いい(1)いち(1)(5)」の語呂合わせから1月15日としたとのこと。この日には一部のスーパーが特売をかけるなどしているらしい。

 ちなみに、1月5日に「いちごの日」があるが、こちらは果物の苺は関係なく、15歳を応援するために作られた日。

イチゴの豆知識

 日本では石器時代から食べられていたが、当時は野生の野いちごを食べており、現在普及している苺は江戸時代末期にオランダから入ってきたオランダ苺。

 実は種のように見える小さなツブツブの方がいちごの果実。赤い部分はめしべの土台となる部分で「花托(かたく)」と呼ばれており、茎の先が大きく膨らんだもの。

苺