カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月11日 わんこそば記念日

 2月11日はわんこそば記念日。毎年2月11日に「わんこそば全日本大会」を開催していることから、岩手県名物のわんこそばの元祖・発祥の地とされる岩手県花巻市で「わんこそば全日本大会」を運営するわんこそば全日本大会運営委員会が制定し、日本記念日協会が認定した。

わんこそばの豆知識

 わんこそばは岩手県発祥の郷土料理。一口大の蕎麦をお椀に入れ、お椀の中の蕎麦を食べ終わるたびに給仕が次々と蕎麦を入れ続ける。わんこそばの定義は、「お椀で食べる」「給仕が付く」「温かいそば」の3つで、そばの種類や量に指定はなく店によって違っている。

 わんこそばは、長野県の戸隠そば、島根県の出雲そばと共に、日本三大そばの1つに数えられている。

わんこそば

蕎麦の豆知識

 蕎麦の歴史は古く、高知県内にある9000年前の遺跡から蕎麦の花粉が見つかったことから、その頃から食べられていたと言われている。ただし、昔の蕎麦は蕎麦粉をこねて丸めただけの物で、現在食べられているような麺の形になったのは江戸時代になってからとされている。