カレンダーをめくってみれば
~今日は何の日?~

2月12日 レトルトカレーの日

 2月12日はレトルトカレーの日。1968年2月12日に大塚食品からボンカレーが発売されたことを記念して、大塚食品株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した。

レトルトカレーの豆知識

 気密性のある容器に詰めた食品を加圧加熱殺菌する技術のことを「レトルト技術」と言う。レトルトカレーとは、この技術により作られたカレーのことで、一般的にはアルミ箔を利用したパウチが使用されている。「レトルト(retort)」とは「加圧加熱殺菌釜」のことで、「パウチ(pouch)」は「袋」という意味。

 レトルトパウチ食品は、元々はアメリカ軍が軍用携帯食として開発したのがその始まり。その後、NASAのアポロ計画において、宇宙食として採用されたことにより注目されたが、すでに冷蔵庫が普及していたこともあり、当時レトルトパウチ食品は全く人気が出なかった。

 日本では1968年に世界初のレトルトカレーである「ボンカレー」が大塚商品から発売された。しかし発売当時はあまり人気が出なかったが、1970年代に入ると次第に浸透していった。

カレーライス

カレーの豆知識

 元々カレーという名前は、数種類の香辛料を使って肉や魚を煮たインド料理の総称としてヨーロッパ人が付けた名前である。よって、その意味がそのまま使われているインドの人にとって、「カレー」という単語は香辛料を使った煮込み料理全般を言葉であり、日本人の想像するカレーとは全くの別物である。

 ちなみに、カレーはインド→イギリス→日本と伝わってきた料理で、日本には江戸時代後期に入ってきた。